鉄骨造解体

鉄骨造の解体工事

6mm以上の厚みを持つ鋼材を使った堅固な鉄骨造建物は、特に高い解体技術が必要な現場であり、安全な解体工事となるよう綿密な計画を練る必要があります。

木造建物の解体よりも大きな機材が必要であり、トラブルが起きやすい現場なので計画から撤収まで気が抜けません。
近隣住宅の窓が揺れるほど大きな騒音や振動などが起きやすく、近隣にお住まいの方に対して十分な配慮が必要です。

当社では、近隣の皆様へ解体前のご挨拶はもちろん、工事期間中を通して常に配慮を忘れない作業を行っておりますのでご安心ください。

倉庫や工場など大規模な建築物が多いですが、最近は1970年代に建設された鉄骨造建物解体のご依頼が増えています。この時期の鉄骨造建物には、外壁材にアスベストを使用されている建物が多いという特徴があります。
住宅などの建物にも天井裏に吹付材があるころがあり、アスベストを使用している場合があります。
そのため、即解体工事に入るのではなく、アスベスト含有の有無を解体前に検査します。含有の場合は専門業者にて撤去処分致します。

安全な解体工事のために、期間は余裕をもって設定することをおすすめします。
鉄骨造と一口にいっても建物の規模や周辺の状況、軽量鉄骨や重量鉄骨といった違いなどがありますのでまずはお気軽にご相談ください。

dscn5702_%e9%89%84%e9%aa%a8%e9%80%a0%e8%a7%a3%e4%bd%93dscn5704_%e9%89%84%e9%aa%a8%e9%80%a0%e8%a7%a3%e4%bd%93dscn6220_%e9%89%84%e9%aa%a8%e9%80%a0%e8%a7%a3%e4%bd%93dscn6224_%e9%89%84%e9%aa%a8%e9%80%a0%e8%a7%a3%e4%bd%93

対応エリア

▼埼玉県
三郷市・八潮市・草加市・吉川市・越谷市・川口市・さいたま市・松伏町・春日部市・蕨市・戸田市・加須市・久喜市・蓮田市
▼千葉県
野田市・流山市・柏市・我孫子市・松戸市・鎌ヶ谷市・市川市・船橋市・八千代市・千葉市・習志野市・浦安市
▼東京都
足立区・葛飾区・江戸川区・北区・板橋区・北区・荒川区・台東区・墨田区・江東区・練馬区・豊島区・中野区・杉並区・文京区・新宿区・渋谷区・世田谷区
▼茨城県
守谷市・取手市・龍ヶ崎市・坂東市・常総市・つくばみらい市・牛久市