解体業者の選び方<失敗しない5つのポイント>

2018年06月13日(水)

解体業者を選ぶ際には注意が必要です。一部ではありますが、「工事のあとになって追加費用を請求する」「近所から騒音や粉塵などでクレームが来る」「産業廃棄物を不法投棄している」といったトラブルを引き起こす解体業者が存在します。

そこで、今回は解体業者の選び方で重要なポイントを5つまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある解体業者トラブル

まずは解体業者の選び方を間違えてしまったがために起こりうるトラブルについて見てみましょう。

安い見積もり契約され、あとで追加費用を請求する

安めの見積もりを提示して契約を結び、工事完了後に「追加工事が必要になった」など、何かと理由をつけて高額な費用を請求するのは悪徳業者の常套手段です。

近所とのトラブルが発生する

解体工事は騒音や粉塵、工事車両の通行や駐車などで、どうしてもクレームが発生しやすい工事と言えます。ある程度はやむを得ないのですが、手を抜いたり近隣に対する配慮を怠ったりした結果クレームになるケースもあるのです。

また、作業員のマナー(運転、喫煙、態度など)がクレームになるケースも考えられます。

不法投棄をしている

産業廃棄物の処理費用を節減するために不法投棄を行なっている業者も存在します。不法投棄はれっきとした犯罪で、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる非常に重い罪です。

しかも、業者だけでなく施主も罪に問われる危険性があります。犯罪の片棒を担がされた挙げ句警察に逮捕されて刑事罰が課せられ、前科がつくこともあり得るのです。

解体業者を選ぶ5つのポイント

それでは具体的に解体業者を選ぶ際にチェックしたいポイントを5つ解説します。

追加請求などないか、きちんと確認できる

施行中や工事完了後に追加で費用が発生するかどうかをしっかりと確認しましょう。見積もりを提示されたときに相場よりも極端に安い金額が書かれている場合は要注意です。悪徳業者を見抜くためには相場を把握することと、他社と比較することが大切。必ず複数社見積もりを取って見積もりの内容や価格を比較するようにしましょう。

また、「一式●●円」というような曖昧な表現がされている場合も注意が必要です。解体工事には「解体工事費用」「廃棄物処理費用」「養生費用」など、さまざまな費用が発生します。一般的な業者であれば費用ごとにこまかく見積もりを出してくれます。「何にいくらかかるのか」を事前に全て明らかにしておきましょう。

契約が口頭ではなく、きちんと書面で説明してくれる

契約書は必ず交わすようにしましょう。契約書がないと後々「言った・言わない」のトラブルに発展する可能性があります。
また、契約書を提示した上でわかりやすく、納得がいくまで説明してくれる業者であれば信用できますので、判断材料にもなるのです。

特に親戚や知人に依頼する、あるいは業者を紹介してもらう場合には口約束になりがちですが、たとえ親しい仲でも必ず契約書を交わすようにしましょう。

工事中のクレームや事故について説明がある

解体工事はどうしても騒音や粉塵などが発生するため、少なからず近隣住民に迷惑をかけることになります。重機や車両が出入りするので事故が発生する危険性も0ではありません。

近隣住民に対してどのような配慮をしているのか、どのような安全対策をしているのかを具体的に説明してくれる業者を選びましょう。

工事保険に入っていて、事前に近隣住民に挨拶回りをしてくれる業者であればベストです。あらかじめ工事があることを知らせておくだけでも近隣住民の心証は格段に良くなり、クレーム防止につながります。

不法投棄をしていない

前述のとおり。不法投棄は立派な犯罪で、重い刑事罰に処されます。不法投棄を知っていて依頼した・確認していなかった場合には施主も罪に問われる危険性がありますので、必ず廃棄物はどのような処理をしているかを確認しておきましょう。「産業廃棄物収集運搬許可」や「建設業許可」などの許可証を確認するとベストです。

信頼できる(人柄・実績)

会社に電話したときの対応や打ち合わせでの対応も重要な判断材料になります。的確に質問に答えてくれる、対応が早ければ信頼できる業者と言えます。結局は人と人。「信頼できないな」「相性が合わないな」と感じたら、その業者は避けたほうが無難です。

また、過去の実績があればそれだけ技術力が高く、信頼されて仕事を得られていると言えるので、実績についても確認しておきましょう。

三郷解体なら、安心の実績と信頼

三郷解体なら年間500棟以上、家屋からマンション、倉庫、店舗までさまざまな実績があります。中間処理施設を自社で保有しているので、不法投棄も一切せず、コストダウンも実現。リーズナブルな工事費用を実現し、追加費用も一切ありません。

社員教育にも力を入れていて、安全第一をモットーとし、近隣住民にも配慮を万全にしております。工事現場ごとに3億円の損害保険にも加入しておりますので安心です。

まずはお気軽にお問い合わせください。


  |  

失敗しないための5つのポイント

対応エリア

▼埼玉県
三郷市・八潮市・草加市・吉川市・越谷市・川口市・さいたま市・松伏町・春日部市・蕨市・戸田市・加須市・久喜市・蓮田市
▼千葉県
野田市・流山市・柏市・我孫子市・松戸市・鎌ヶ谷市・市川市・船橋市・八千代市・千葉市・習志野市・浦安市
▼東京都
足立区・葛飾区・江戸川区・北区・板橋区・北区・荒川区・台東区・墨田区・江東区・練馬区・豊島区・中野区・杉並区・文京区・新宿区・渋谷区・世田谷区
▼茨城県
守谷市・取手市・龍ヶ崎市・坂東市・常総市・つくばみらい市・牛久市